蜘蛛の糸

  • 2017.04.20 Thursday
  • 23:11

お役所は苦手。申請したいことがあっても、いつも何だかんだと言われて出直しを求められる。
今日も保険証を取りに、バスを乗り継いでヘンピな場所にある区役所まで行ったのに、○○の書類が必要、マイナンバーのわかるものは?と言われ、出直しを命じられた、、、涙。ヒェーー!マジか!病院に行けないじゃないか!

もう、いつだって、そう。お役所にいくと自分は社会の末端にいることを思い知らされ、更にそのまた末端まで突き放されるような疎外感。この宇宙のこの地球のこの世界の日本の東京の片隅の末端の末端の点。

そう、私は今、長澤知之さんの歌を聴いている。アンソロジー・アルバム。

等身大のことば。歌ってやっぱりいいなぁ。音楽はロックだけど、歌詞はブルースだ!

蜘蛛の糸(新曲)

 



私はこうやって音楽や歌や映画と共にすべてを流して生きてきたのだ!
思い返せば、二十歳の時はもっと社会のゴミ同然だった。

等身大。いつも近くに感じる、ブルース。

ここ10年は、石橋英子さんの奥深いピアノの旋律、時に松江哲明監督の人間・ドキュメンタリー映画、瀬々敬久監督の作品の偉大さ。今日という日は長澤知之さんの歌に救われた。


私はいつもヘラヘラして、悩みがなさそう、好きなことしてていいねと人に言われるけど、実は正にその通り。だからこそ、孤独や疎外感も生きている証しなのだ!音楽・芸術がある限り、蜘蛛の糸を上っていく。
だから出会ったものすべてに感謝して、恩返ししたい。生きているうちに。必ず。

 

4月24日はリキッドルームで長澤知之さんのライブがある模様。

「blossom」MV

  • 2017.03.22 Wednesday
  • 23:34

完成しました!!

ひと足先に、桜満開です!!

 

 

 リリースライブ決定ーーー!!!

  • 2017.03.17 Friday
  • 20:35

 

 

2017. 6. 3 (sat)

渋谷 7th Floor

紺紗実 “blossom” Release Live

出演:紺紗実 + 石橋英子、須藤俊明、山本達久、ジム・オルーク

   GUEST:波多野敦子(ソロ)

18:30 open / 19:00 start

adv 2,800円 / door 3,300円 +1drink

チケット電話予約・問い合わせ

7th FLOOR 03-3462-4466(15:00〜20:00)

7th FLOOR メール予約:3/18(土)〜6/2(金)

(nanakaiyoyaku+0603@gmail.com)

件名に公演名、本文にお名前(フリガナ)、予約人数をご記入ください。

ご予約の確認がとれましたら返信いたします。

問い合わせ:7th FLOOR(15:00〜20:00 tel:03-3462-4466)

http://7th-floor.net/

http://p-vine.jp/news/20170317-1800

 

 

 

 

BY YOUR SIDE

  • 2017.03.16 Thursday
  • 01:35

 

 

3月中日。昨日はとても寒い日でした。

春のお天気は気まぐれ。暖かい陽が心をくすぐり、そしてすぐに裏切ります。「女心と秋の空」なんてことわざもあるけど、春もなかなかの女っぷりですね。

ただ息をしているだけで、時間が過ぎ、うたた寝しているといつの間にか季節が移りゆく、この世の中。

この春をどうすごしますか?桜の花をゆっくりと見ることができるでしょうか。

私はなんだか毎日があっという間に過ぎてしまって、追いつきません、、きれいな桜に会えるといいけれど。

そんな中、ラジオの選曲コーナーを担当するお話をいただきました。

テーマを自分で決めて、選曲する、なんて素敵なコーナー。。

 

ふわっと香って逃げていく、春。

生ぬるい風に、ふとさみしさの残る春。

時に冷たい風が吹くと、誰かが傍にいることが、こんなにも幸せだと思える、この春です。

 

 

 

 

選曲コーナーを担当した、ラジオ番組の放送は、

3月16日(木)12:06ごろ〜です。
『simple style-オヒルノオト-』
http://www.jfn.jp/oto

 

 

「By your side」 

 

わたしがあなたのもとから去っていくと思っているのね 
わたしのことがよくわかっていればそんなばかなことは 
考えないはずよ 
跪いてお願いしても、このわたしに捨てられてしまうと思っているのね 
わたしはそんなことはしないわよ 
教えてあげましょうか 
あなたは何も間違ったことを望んじゃいないのよ 
わたしの心の中をあなたが覗き込めればいいのに

あなたが寒くて震えていたら 
わたしはすぐに飛んで行くわよ 
そしてあなたを強く抱き寄せてあげる

 


あなたが表に放り出されたままで 
家の中に入れない時 
このわたしがちゃんと教えてあげるわ 
あなたは自分で思っているよりもずっと素晴らしい人なんだって 
あなたが途方に暮れ、ひとりぽっちで 
戻り道もわからない時 
このわたしがあなたのことを見つけてあげる 
そしてもといた場所へと連れて帰ってあげるわ

 

 

あなたが泣きたくなったら 
その涙を乾かしてあげるために 
わたしがそばについているからね 
たちまちのうちにあなたは元気になれるわ


あなたが寒くて震えていたら 
わたしはすぐに飛んで行くわよ 
そしてあなたを強く抱き寄せてあげる 
あなたが落ち込んでいたら 
わたしがすぐに駆けつけてあげる 
あなたのもとへと

 

 

You think I'd leave your side baby  
You know me better than that    
You think I'd leave you down    
when you're down on your knees  
I woulden't do that           
I'll tell you you're right when     
you want                
And if only you could see into me


Oh when you're cold         
I'll be there               
Hold you tight to me       

 


When you're on the outside      
baby and you can't get in       
I will show you you're so much   
better than you know           
When you're lost and you're alone  
and you can't get back again     
I will find you darling and        
I'll bring you home           

 


And if you want to cry     
I am here to dry your eyes  
And in no time         
You'll be fine            


Oh when you're cold        
I'll be there               
Hold you tight to me        
Oh when you're low        
I'll be there              
By your side baby       

 


 

 

☆News☆

  • 2017.03.10 Friday
  • 23:10

New Album "blossom" Now on sale!!

 

 

沈黙

  • 2017.02.28 Tuesday
  • 21:28

映画「沈黙」を観た。

死ぬことの痛み、悲しみ、強さ、美学。

生き残ることの重み、苦しみ、喜び、温かさ。

キチジローの弱さ、罪、人間らしさ、純粋さ。

人はどのようにいきるべきか。神はただ沈黙を続けるだけだ。

はじめて「沈黙」を読んだ時、何かにはっとした。あの時の感覚が、スコセッシのレンズを通してまた蘇った。

正しいことは何か、それは、「わからない」ということだ。

死は美しい。生きることは恥をさらすこと。後ろ指を差され、それぞれ、宿命の十字架を背負っていく。生きることは苦しいのだ。しかし同時に誰かを救っていることは、紛れもない事実である。安心を与え、温度を伝え、こうして息をしているだけで何かに影響を与えている。

 

去年、家族のひとりが、突然に手術をしてICUに入るようなことが起こった。今日の夕方には地震があって、先月は友人の姉妹が死に、別の友人は癌を克服していた。私は、出会ったり別れたりを繰り返しながら息をして、大切な人たちと1日1日を過ごしている。

恥をさらしながら、安心をもらって、温度をもらって、今日も生きていく。

 

「blossom」の2曲目に収録されている、

「この世界」の歌詞を!!

 

 

この世界
 
風がそよぐ道
美しい街
消えてしまわないで
この次のシーンまで
 
最後のひととき
青い地球ながめて
淡い色の夢
静かに醒めていく
 
永遠の孤独に 今
はじめて気づいて
何があっても
この世界はすてき
 
子供がはしゃいでる
空の広い午後
後悔ないなんて
けして言えないけど
 
愛していることに
今はじめて気づいて
あなたが生きてる
この世界はすてき
 
永遠の孤独に 今
はじめて気づいて
何が起こっても
この世界はすてき
 
あなたが生きてる
ただ それだけで
何があっても
この世界はすてき
 
lyrics / music : kon sami

 

「この世界」はとても好きな曲です。

アルバム「blossom」のリリースまで、あと、、、2日!

こんにちはこんさみです

  • 2017.02.17 Friday
  • 22:05

 


名前を替えるに至った。

こんにちは。紺紗実です。

生まれ変わったようにも思えるが、親しみはある。文字で名乗ったことがあるから。でも、口に出して名乗るのがはじめてだから、やはり少し不思議なのだ。
名前とは、、、その人を表すもの?それとも人が呼ぶのに困るからただあるだけのものなのか?もしくは、名づけた人の想いがこもるのか??
以前友人が若くして亡くなったとき、その父親が「あの子の名前の漢字を、少し難しい方に選んでしまった。みんなと同じ、簡単な方の字にしておけば運命も違っただろうか、、、。」とつぶやいたことがあったが、そういうことが本当にあるのだろうか。。

新しいアルバム「blossom」の中で、プロでユーサーの石橋英子さんが曲を書いてくれました。「the music」という曲です。私は英子さんにテーマをもらって、歌詞を書き、それを英語にして、英子さんに渡しました。そして孵って(かえって)きた曲は、私の想像を超える素晴らしいものでした。

私は、歌詞にこう書きました。

出会った人 生まれた地
それぞれのLuck(運勢)が違うだけ。

名前もその一つかもしれない。
重要であるかもしれないし、そうでないかもしれない。
大切であるかもしれないし、そうでないかもしれい。

それぞれのLuck(運勢)が違うだけ。


「the music」  歌詞はともかく、この曲は素晴らしいです。
ぜひ、みなさんに聴いていただきたい1曲です。



the music

lyrics : kon sami music : Eiko Ishibashi
translation : Chie Hickinson kon sami


This morning’s news is full of refugees
It's not the world's issue
It's mine

But that same song always echo's in my soul…in my soul

Everybody is searching for a safeliving land
Who you meet, where you're born, that's all down to luck

If our music reaches out
We will be part of an Epic film

Those who have mock those who don't
But I didn't land in a black hole

If this sound reaches out
Everything will shift…will shift

And the music will always echo in my soul…in my soul

It might be heard on late night radio
It might be heard in the station with its old bricks
It might be the masterpiece of my life

There is always somebody's music
going to break now…break now




今朝のニュース あふれる難民
それは世界の出来事じゃなくて
私そのもの

だけどいつだって あの歌が
心の中に 響いてる 響いてる


誰だって安住の地を求めさまようもの
出会った人 生まれた地 それぞれの Luck が違うだけ

私たちの音楽が響けば
壮大な映画のワンシーンになる


持つ者は 持てぬ者をいつも笑うけれど
私が落っこちた場所は
けしてブラックホールじゃない

そのサウンドが響けば
すべて 変わっていく 変わっていく

そしていつだって その音楽が
心の中に 響いてる 響いてる


やってくるのは
寝静まる深夜のラジオかもしれない
古いレンガの残る駅かもしれない
傑作である私の人生かもしれない

いつだって 誰かの音楽が
こわしていく こわしていく





 

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

selected entries

archives

recommend

blossom
blossom (JUGEMレビュー »)
紺 紗実
New Album
3月2日リリース!!!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM