白と黒

  • 2020.01.13 Monday
  • 14:18

何も意図していないのに、気付いたらこうなっていた、ここにいた、ということがたまにありませんか?もしみなさんが慎重に計画通りに人生を歩んでいたら、あまりないかもしれないけれど。。私は人生がだいぶ冒険と化しているので度々そういうことがあります。予期しない選択が目の前に現れた時に、まずは流れに乗ってみる!というやつです。選択はほとんど直感なので失敗も成功もありますが、全て経験として楽しんでいるのです。

 

 

私は昔からモノクロの写真が好きでした。以前もご紹介した、セバスチャン・サルガド、土門拳、ジョセフ・クーデルカ、中平卓馬などなど。白と黒の世界に生や力強さ、偉大さや光を感じます。白と黒の世界に不思議と魅かれてしまいます。

Josef Koudelka

 

 

Sebastião Salgado

 

でも写真は鑑賞の一方で、撮るのも写るのも苦手。自分の作品を作ろうと思ったことは一度もありません。

そんな中昨年は、写真とは違う衝撃的な「白と黒」の出会いがありました。「前衛書」という表現です。書道といえばもちろん皆さんご存知の、墨と筆で文字を書く、”あれ”です。しかし前衛書はもっとアートで、絵画に近いインスタレーションです。

 

Gen Miyamura

 

友人が前衛書をやっていて、私がとあるデザインに彼女の作品を使用したいと申し出たところ、「こんさみさんが書いたらいいじゃないですか!!」そう言われたのです。そんなことを微塵も想像していなかったので、「え!」と固まってしまいました。そして、少し考えた後、私はこの未知の流れに乗ったのです。

さほど時間もかからずに、私は前衛書の「白と黒」に魅せられていきました。自分がいて、自然に有り、精神があるといった感じで。とにかく無心で紙に墨を載せていきます。上手も下手もなくて、正解も間違いもない。とても素晴らしい表現だと思いました。

紹介していただいた書家の先生に教われるチャンスは6回。最終的にどんな作品が生まれるのか、、、「白と黒」の初めての自分の作品です。とても楽しみ!!

また報告しますね。

 

⭐︎こちらの写真は、2020年、私の前衛書き初め。。

 

 

 

 

そしてそして、もちろん音楽も忘れていません!

次のライブは、


2020年1月24日(金)
神保町試聴室
コルネリ / 紺紗実
開場 19:30
開演 20:00
予約 2,500 (1ドリンク, スナック込)
当日 2,800 (1ドリンク, スナック込)

 


心よりお待ちしています。

 

 

 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

selected entries

archives

recommend

blossom
blossom (JUGEMレビュー »)
紺 紗実
New Album

発売中!!!

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM